読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の糧—香り日記—

日々出会った香水について記してゆく日記。

22.お茶と花( ティー 他)

アロマリン
何を買おうか悩んでいる中、以前雑貨屋さんに頼んで取り寄せて貰っていたアロマリン社の15mlが届いた。まずはこの2種類を購入。

f:id:mawaru0:20160413221653j:image

2つ並べると、色合い的に恋人同士で付けるにおあつらえ向きな雰囲気だけれど、もちろんどちらも私が付ける。

早速の所感は以下。


ティー(TEA)
→名前のティーというよりは、レモンピールやグレープフルーツのような弾ける甘さ控えめの香り。トップは柑橘の香りが強く、トイレの石けんや芳香剤を彷彿とさせてしまうが、ほどなくして香り立ちは落ち着き、柑橘類を剥いた時の瑞々しさを経てレモンとベルガモットを浮かべたお茶の様な香りに移行し、ラストの後は茶葉めいたこくのある甘みと柑橘の香りが仄かに残る。
美味しい紅茶を作っている気分になる。
風呂上がりにひと吹きすると気分が晴れた。


フローラル(FLORALE)
→名前はフローラルだが、トップからウッド系の香りが目立つ。だいたいのフローラルの香水はラストにウッドやムスクが来るが、それらとは流れが対照的に感じた。やがてウッドの中にゼラニウムジャスミンの濃い甘みが奥の方から姿を現す。瑞々しいというよりは、古典的で落ち着いたドライフラワーの様な香りのため夏向けではないかもしれないが、嗅いでいると春の夜に白いモクレンの花に鼻を近づけて初めてその甘い香りを覚えた帰り道を思い出した。




どちらも香りの移り変わりが少し違っていて面白かった。

以上の2つ、単体でも充分楽しめたのだが、試しに手の甲に付けてコンバインしてみた所、何とも心地よい香りになった。
ティーには無い甘さはフローラルが、フローラルにない爽やかさはティーがそれぞれ補い合う。


以前女子会で、カップルで付けることを計算された香水の話になった事があった。
最初からそう作られているのを纏うのもある種の緊張感が生まれて面白いが、それぞれ偶然手に取った2つがとても良く新しい香りを作り出してくれたらそれもまた面白いのではないだろうか。


それにしてもアロマリンは相変わらずリーズナブルだった。
確かに高級なフレグランスの様な香りの楽しみ方をする為の香水ではないかもしれないが、
フェギアやクリードの100mlを買ったと思えば全種類集めてもお釣りが来るだろう。

むやみに安いのもいけない。これでは全種類集めたくなってしまう。



アロマリン

http://www.kok-design.jp/smp/item/EF-AR-FO.html