日々の糧—香り日記—

日々出会った香水について記してゆく日記。

29.シックで自由奔放(シック エ ボヘーム)

最近とても汚かった部屋を掃除していて、綺麗になった部屋にプッシュする新しい香水を探していた所にこの香水をネットで購入した。

f:id:mawaru0:20160630222538j:image

ネットだとボトルのディテールを触って感じたり試香が出来ないので出来る限り利用したくなかったのだが、

シャボーはほぼ店舗では見られていなかった香水で、これを機にネットで香水を買ってみようと思い立った。

 

いっそ何も予備知識を持たないまま購入しようと、このシック エ ボヘームに関しては一切調べずに「シックで自由奔放」という名前と画像だけで決めた。

 所感は以下。

 

 

シック エ ボヘーム(CHIC ET BOHEME)

→トップからミドルまで、ネロリ、マンダリンと甘いモモ系の熟したきめの細かい瑞々しい甘さが続くが、イランイランのパウダリー感が果実の甘さを適度に抑えて奥の方に古風とも取れる味を醸し出しレイヤーに深みを与えているのが面白かった。
先述したネロリの香りは確かに感じるが、この香水からは従来感じる青みはあまり感じられない。徐々にフルーツの香りは飛んで行き、濃厚でなめらかな花の香りに、そして石鹸の様なムスクやアンバーの香りに変わる。ラストがムスクアンバーという調合は数あるが、ミドルまでの香りに濁らせられる事なくムスクが綺麗に潔く香った。
取っ付きやすい香りなのに、名前の通り自由に漂い掴み所が無い色気がある。
夏にも使えそうではあるが、オーデパルファムらしい重みと濃さのため、カジュアルというよりはどこかに出かける時。昼間に纏うより日が沈んだ後に纏いたい香り。

 

念願のネロリが入っており、個人的に好きな香りで安心した。

 

 

掃除が終わって落ち着いた室内にシック エ ボヘームを振り撒くと、上記の家で寝付くより、外に出たくなる香りが広がった。

そもそも掃除を始めた理由は、母が
「あなたに縁がないのは部屋が散らかっているから。部屋を綺麗にすればそこに出会いが舞い込んで恋人が出来る」
と何やら精神世界じみたことをしきりに言うからで、私も私で馬鹿なと思いつつ掃除をしてしまったのであった。

 

もちろんゴミが消え去った室内には縁が舞い込む気配はなく、達成感とシック エ ボヘームの香りと出歩く気分ではない私だけが残った。

 


ただ、以前26の記事で話した節目の時に会える友人と会う予定がまた決まった。

実は、シック エ ボヘームを纏って夜に繰り出す日もそう遠くないのではないか。

 

シャボー

Chabaud Parfum