読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の糧—香り日記—

日々出会った香水について記してゆく日記。

4.就寝前(ナイトメディテーション)

たまに寝る前に香水を室内にスプレーするか身体に付けて寝る。
好きな香りであったゲランのイディール サブリームをそうしていたのだが、日頃の行いが良くないのか、すこぶる夢見が悪い。

他にリラックス出来る香りはなかろうか。
かと言ってオーガニックなアロマやハーブの香りは個人的に気が休まらない。
(代官山や青山などの上質で丁寧な暮らしを提案する雑貨屋の香りを思い出すからだ。私はそんな雑貨屋が少し苦手なのだ)

覚めた後暫く現実を忘れられる様な良い夢を見られる香水はないものか。

そう考えた時、ふと
を思い出した。
何故忘れていたのか不思議なくらい使っていた香水である。


久々に肌に乗せた感想は以下



→良くも悪くも入浴剤の香り。現に同じ香りの入浴剤も販売している。ただ、入浴剤より濃厚な香り。時間が経つとよりアロマティックに変化する。
白檀がはいっているらしいが、私の体質だとグリーン系の香りにスミレとオレンジフラワーの香りが最後まで続いた。
身体ではなく部屋にひと吹きすれば、名前の通り瞑想時にも合う。瞑想をせずともゆっくりと精神が漂うような気分を味わえる。お香を焚くのが苦手な人にもお勧めしたい。




香りを一通り吸い込んだら、自然と眠気がやって来た。
この日は、90年代アメリカ映画的な陽光の下庭の広い木造の家から出られなくなる夢を見た。

翌日の寝起きの気分は滅入るものではなく、何時もよりすっきりしていた。